スポンサードリンク

毛穴ケアでお肌を若返らせましょう

年々目立ってくる鼻の毛穴やほおの毛穴は、実は肌老化のサインの1つです。

10代〜20代前半までは、まだまだ皮脂分泌が盛んなため皮脂や角栓によるつまり毛穴によるトラブルが圧倒的。その後30代後半〜40代では、毛穴の悩みはたるみが原因によるものに変わっていきます。

そしてこの過渡期にある20代後半〜30代前半にかけては、分泌する皮脂量も多く、年とともに徐々にたるみが目立ちはじめる時期で何かと毛穴で目立つと悩む方も増えていきます。

きれいな健康肌を目指すなら、毛穴ケアは欠かせません。しかし「皮脂が詰まって目立つ白や黒色の毛穴」、「ファンデーションを塗っても埋まらないぐらいくぼんだ毛穴」など、毛穴のトラブルは今や肌の悩みのトップです。

しかし毛穴は皮脂を分泌するとても重要な役割を担った、必要不可欠な穴です。毛穴ケアを行うことで、皮脂も汚れではなく、スムーズに分泌されることで、皮膚を覆って乾燥からお肌を守る大切な保湿成分にかわります。

毛穴のトラブルの代表的なものは、肌表面の角質層の新陳代謝が衰えて、古い角質が毛穴をふさいでしまう「つまり毛穴」、肌奥の真皮層の老化で毛穴がくぼんでしまう「たるみ毛穴」。どちらも毛穴が開いて目立ってきますから、すぐに発見できます。

肌の老化が原因の毛穴のトラブルは毎日適切な毛穴ケアを行うことで改善します。

早速、毛穴ケアを始めてツルツルお肌を目指しましょう。

Tゾーンに多いつまり毛穴のケア

表皮は約28日間で細胞の再生を行っています。これをターンオーバーといいますが、肌の老化や乾燥によってこのサイクルが乱れると、古い角質細胞がはがれ落ちずに毛穴をふさいでしまうことがあります。

こうなってしまうと、毛穴の中で皮脂を古い角質細胞が混ざり合って角栓をを作ってしまい、角栓が大きくなることで毛穴を押し広げてしまいます。これがつまり毛穴の原因です。

額から鼻にかけてのTゾーンは、皮脂腺の発達した毛穴が集中しているため、特につまり毛穴が出来やすくなっています。

つまり毛穴ケアは肥厚した角質や角栓を取り除いてターンオーバーを高める毛穴ケアが有効です。

今までのお肌のケアに、古い角質を浮かせ、角栓を溶かす作用のあるグリコール酸や乳酸などが配合された化粧品(石鹸、パック、化粧水など)をプラス。

特に毛穴ケアには手軽にできる洗顔料から始めるのをお勧めします。

毛穴ケアを続けることで、毛穴まわりの皮膚が柔らかくなって、毛穴が目立たなくなってくるはずです。

ただし前述のように、毛穴から出る皮脂膜は天然の保湿成分。肌を乾燥から防ぐとともに、外的な刺激からも守る働きをしています。

皮脂は角質と混ざり毛穴つまりの原因になりますが、皮脂が気になるからといって取り過ぎてしまうと、そのままでは肌のバリヤ機能が落ちるため、人の体は肌を守るために皮脂を多く分泌して肌を乾燥から守ろうとします。そのためにかえって皮脂が過剰分泌されることも多くあります。

皮脂の過剰分泌は食生活、ストレス、睡眠不足などで体のホルモンバランスやサイクルがおかしくなっていることなどもありますが、正しい洗顔が出来ていなかったり、クレンジングが不完全でメイクが残っていたりすることで毛穴に汚れがたまり黒ずみの原因になっていることが多いようです。

毛穴ケアに限らず、お肌のケアはまずは洗顔が肌を美しく保つために一番重要だと思います。

ほおに多い たるみ毛穴のケア

たるみ毛穴は真皮で皮膚の弾力を保っているコラーゲンが老化し、弾力を失いことが最大の原因です。重力によって徐々に肌が下方に引っ張られ、毛穴も一緒に縦長にたるんでくるのです。たるみ毛穴はたるみが出やすい ほおや口脇の法令腺沿いに多く見られます。

たるみ毛穴のための、毛穴ケアは肌を内側からふっくらさせるケアが有効です。真皮のコラーゲンを増やす作用のあるビタミンC誘導体やレチノールが配合された美容液をいつものケアにプラスしてみましょう。

毛穴ケアを続けることで、内側からの弾力がつけば、皮膚が押し合って、毛穴が閉まって見えるようになるはずです。


スポンサードリンク